第77回熱海梅園梅まつり(2021)

日本で最も早咲きの梅

1886年(明治19年)に開園した熱海梅園は、 日本で最も早咲きの梅として有名です。毎年11月下旬~12月上旬には、第一号の梅の花が開花します。
樹齢100年を越える梅の古木を含め、60品種・469本の梅が咲き誇り、早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花。梅まつり期間中、梅を存分にお楽しみいただけます。
期間中、園内には足湯や土産店もオープン。 日によって熱海芸妓連演芸会や大道芸、甘酒無料サービスなどのイベントも実施予定です。

※新型コロナウイルス感染症の状況によりイベント(期間中の園内行事)内容は中止や変更になる場合がございます。

【ご来園のお客様へのお願い】
●入園の際に検温を実施:発熱37.5度以上(平熱より1度以上高い)の場合は入場をご遠慮いただきます。
下記ア~ケいずれかに1つでも当てはまる場合はご来場の自粛をお願いします。

 ア)発熱37.5度以上 (平熱より1度以上高い)
 イ)咳や鼻水など、感冒症状がある。
 ウ)身体のだるさや倦怠感がある。
 エ)家族にア~ウの症状などがある。
 オ)14日以内、あなたや家族に海外渡航歴がある。
 カ)PCRなど検査陽性歴があり、下記いずれかに1つでも当てはまる。
 ・有症状者で、発症日から10日未満、尚且つ、症状軽快後72時間以内
 ・有症状者で、症状軽快後24時間経過から24時間以上の間隔をあけ、2回のPCR等検査で陰性を確認できていない。
 ・無症状病原体保有者で、陰性確認から10日未満
 ・無症状病原体保有者で、検体採取日から6日間経過後、24時間以上の間隔をあけ、2回のPCR等検査陰性を確認できていない。
 キ)濃厚接触者として自宅待機中。
 ク)家族が濃厚接触者として自宅待機中。
 ケ)マスク非着用。
●入場後、体調不良の申し出があった場合は退場をお願いします。

【園内の対策】
・各出入口に手指消毒液を設置。
・スタッフ・演者の健康チェック、マスク(またはフェイスシールド)着用の徹底、ソーシャルディスタンス確保。
・券売所等の三密回避。
・園内設備(手すり・トイレ・ロッカー・貸出車椅子等)の定期的な消毒。
・(催し)歌唱を伴う・三密回避ができない等の催しは取り止め。舞台からの距離を2メートル以上あける。等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です