9/22「月の道 薪能」レポート


9/22(土)、熱海サンビーチ砂浜にて「舞踊・常磐津・囃子と 月の道 薪能 ―熱海の森羅万象に捧ぐ―」が開催されました。
熱海芸術祭の一環であるこの催しは、今年で3回目となります。
熱海には、満月の夜、相模灘の水面にこの地域特有の自然現象である「月の道」が出現します。熱海ならではの自然美の中、幻想的な月明かりと篝火に浮かび上がる海辺の舞台で薪能を開演し、自然に恵まれた熱海の森羅万象に捧げる幽玄な世界をお楽しみいただくものです。

昨日は雨も心配されていましたが予定どおりサンビーチで実施され、約2000人が来場しました。16時より熱海囃子笛伶会によるお囃子演奏、「雅魅-miyabi-」による演武があり、17時より舞踊の開演となりました。

舞台お祓いの儀、熱海芸妓による舞踊、火入れの儀に続き、能舞「月光」、一調一声「三井寺」、能 宝生流「乱」が披露されました。

能舞「月光」では、室生流能楽師・辰巳万満次郎さんがシテを務め、海から船で登場。ゆっくりと舞台に上り、自然の美しさを讃える舞いが披露されました。
最後の演目、能 宝生流「乱」の時間帯には雲間から月が現れ、神々しく舞台を照らしました。