8/8 熱海海上花火大会、潮風に当たりながら花火観賞

夏季熱海海上花火大会の第4弾が8月8日夜、熱海湾で開催され、3万1000人の観衆が夜空を彩る5000発の大輪や扇状に開くスターマインの連続花火に感嘆の声をあげました。
連日猛暑が続き、海水浴客でにぎわう熱海サンビーチも日が沈む午後6時40分ごろになると、心地よい浜風が体で感じられるようになります。多くの人たちが市内のホテル旅館や飲食店で夕食を済ませたあと、海岸沿いの景色を楽しみながら花火打ち上げの午後8時20分を待ちました。
目の前で打ち上げられ、大迫力の渚親水公園の各デッキが人気のビューポイントですが、若者世代には、砂浜で潮風に当たりながら観ることのできる熱海サンビーチがトレンド。海の色が花火によって緑、赤、オレンジ、紫…に染まり、海面の七変化が楽しめます。

2019年(令和元年)熱海会場花火大会
夏 8/18(日)・8/23(金)・8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です