5月10日にウィーン少年合唱団「熱海公演」


「天使の歌声」として広く親しまれているウィーン少年合唱団の熱海公演が、5月10日、市内桃山町の救世会館大ホールで開催されます。札幌から福岡の18都市を訪れる日本公演の一環で、セーラー服スタイルの制服に身を包んだ、日本の小学校5年から中学校2年に当たる26人が天使の歌声を披露します。
熱海公演実行委員会によれば、チケットの売れ行きは順調ですが、座席にまだ少し余裕があるということです。熱海市内では、 井上紙店(清水町)、 ゲストハウスマルヤ(銀座町)で販売しています。
料金は大人5000円、 高校生以下5歳以上が3000円。 5歳未満は入場できない。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの専用端末でも購入可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です