起雲閣

多くの文豪に愛された大正時代の名建築

1919年(大正8)実業家の別荘として建てられたのが始まり。その後、鉄道王として知られる根津嘉一郎氏の別荘として洋館2棟が建てられました。当時は「熱海の三大別荘」として称賛されました。1947年(昭和22)には旅館「起雲閣」として生まれ変わり、谷崎潤一郎、太宰治などの文豪が滞在。1000坪の池泉回遊式庭園や洋館玉姫の建物、ローマ風浴室など、見どころ豊富。NHKの朝のテレビ小説「花子とアン」のロケ地としても有名です。喫茶スペースも併設。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です