赤い空中ナイアガラ 長浜海岸をあかね色に


伊豆多賀海上花火大会が8月12日、熱海市上多賀の長浜海浜公園で開かれ、趣向を凝らした花火の数々が詰めかけた多くの見物客を魅了しました。打ち上げを前に長浜海岸に設置された20個のかがり火に一斉に点火。ビーチ一帯が燃えたぎる焚き木で幻想的な雰囲気に包まれる中、午後8時20分から20分に渡って長浜海水浴場北突堤から約2200発の花火が次々に打ち上げられました。フィナーレを飾る呼び物の「赤い空中ナイアガラ」が夜空をあかね色に染めると、ビーチ、ビール・フェスタ会場、駐車場からどよめきとともに拍手が沸き起きました。
お隣の網代温泉からも宿泊客がバス3台で花火観賞に。8月16日の網代温泉の海上花火大会では、伊豆多賀温泉の宿泊客が同じくバス3台で赴くなど、毎年、交流を続けています。