糸川のブーゲンビリア鮮やか 涼求め、川音を聞きながら水辺で観賞

6月の熱海は「花の街」。市内中心部を流れる糸川遊歩道ではブーゲンビリアが最高の見ごろを迎えています。川を覆うように赤や紫色の鮮やかな花を咲かせ、7月上旬ごろまで南国の雰囲気を楽しめる。
遊歩道から階段で水辺に降りられる場所もあり、川音を聞きながらブーゲンビリアの間から差し込む陽光を観賞することもできます。6月9日の熱海は最高気温が27•8度、7月上旬の陽気となり、涼を求める人々の姿が見られました。