特別の夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす

熱海市の網代湾で平鶴の目の前で 恒例の8月16日 午後8時30分から、網代温泉海上花火大会(網代温泉観光協会主催)があり、網代湾と多賀湾に向けて3カ所から15分間にわたって2000発を打ち上げました。
網代温泉の花火は、連続で花開くスターマインのほか、漁師まちらしく炸裂時に魚の形に代わるユニークな花火、網代港と南熱海マリンホール奥から相互にななめ上空に打ち上げられる低い花火が特徴となります。今年は新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、時間を5分間短縮。密集となる観覧席は設けず、飲食の出店も取りやめました。

花火に合わせて国道135号の平鶴前~ひもの銀座入り口間および大縄公園公園のグリーンベルトは通行止めにして、歩行者天国に。今年は毎年8月14、15日に開く「ふる里祭り・盆踊り」の開催が中止。例年とは違うお盆となったが、大勢の人が夏イベントのフィナーレを告げる大輪や大空中ナイアガラを見上げながら、終わりかける夏を惜しんでいました。