熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めました。園内を流れる初川支流の通称「ほたる川」の双眉橋付近で2日ほど前から飛行が確認されていましたが、この夜は20数匹が幻想的な光の舞を披露していました。
 例年なら6月1日から2週間にわたり「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」が開かれ、多くの観光客が訪れることとなります。しかし、今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

主催者は今年3月22日、例年通り、梅園町子ども会の児童たちと「ホタル川」にゲンジボタルの幼虫5000匹と餌となるカワニナ8キロを放流。早期の感染終息を願い、誘客に備えていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です