熱海市街が青紫一色、R135はジャカランダストリートに変貌


「ジャカランダ・フェスティバル」が開幕した6月8日、糸川付近の国道135号線でもジャカランダが一斉に見ごろを迎え、親水公園一帯が計140本の青紫の花でブルーに染まりました。
 市内渚町のジョナサン熱海サンビーチ店からスパ・マリーナ熱海前(ローソン横)、ライスボールに至る歩道は「ジャカランダストリート」として知られ、25本の青紫の可憐な花が南国ムードを醸し出しています。
 JR熱海駅では東京、神奈川、名古屋などからこの花を目当てに訪れた観光客で終日混雑。改札口や観光案内所にはジャカランダが飾られ、咲見町でも地元町内会か新たに植栽し、訪れる人たちをお出迎えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です