熱海市街、赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に見ごろ


熱海市街で南米原産のブーゲンビリアが一斉に見ごろを迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が南国情緒を醸し出している。糸川遊歩道ではが川を覆うように彩り、観光客や市民の目を楽しませています。
ほぼ例年通りの開花で今の花は6月いっぱい花を咲かせ、9月と11月にも繰り返し咲きます。
糸川のブーゲンビリアは、2004年の「熱海花の博覧会」に合わせ、ブーゲンビリア愛好家の市民たちが植栽を始め、一時は1200本まで数を増やし、花の名所となりました。しかし、市が遊歩道沿いをあたみ桜に統一する整備を行い、ブーゲンビリアは移植したり、伐採されたりして現在残っているのは45本。残念がる市民も多いですが、おかげであたみ桜とブーゲンビリアの二枚看板で糸川遊歩道は四季を通じて観光客が訪れるようになりました。

■ブーゲンビリア 南米(ブラジル) 産のオシロイバナ科イカダカズラ属の熱帯性低木。花のように見えるのは、実際には、苞(ほう)と呼ばれるもので、苞が3枚集まったその中心に咲いている小さな白いものが花。苞は風に吹かれてヒラヒラと舞い、南国ムードを醸し出す。