熱海サンビー混雑状況「普通」表示 800人以下の「空き」脱出

熱海海上花火大会が開催された8月5日、熱海サンビーチには首都圏などから多くの海水浴客が訪れました。新型コロナウイルス感染拡大の密の状態が懸念されたものの、最高に混雑した午後1時〜2時の時間帯のビーチ内の人数は800人〜1600人でした。
今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は海開きした7月23日から人工知能(AI)搭載のカメラ3台で1時間おきに混雑状況を5段階に分けて公表してしています。これまでは混雑度合いがもっとも低い「空き」(800人以下)が続いていましたが、この日午後1時〜2時に初めて「普通」(800〜1600人)の表示に切り替わりました。その後はまた「空き」に戻りました。
1日のトータルでは、延べ人数が数千人の日もあるが、海水浴客は密集を避け、広い時間帯に分散しています。市営駐車場は首都圏ナンバーがほとんどで東京、神奈川方面の若者とみられます。熱海サンビーチの混雑具合は市のホームページなどに張り付けているので参考にしてください。
■熱海サンビーチの混雑度合い
①空き 800人以下
②普通 800人〜1600人
③やや混雑 1600人〜2500人
④混雑 2500人〜3000人
⑤特に混雑 3000人以上
(1時間単位でAIカメラが判断)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です