熱海に新名所、山頂展望台がリニュアルオープン/アタミロープウェイ


熱海のシンボル「アタミロープウェイ」(熱海市和田浜南町)の山頂展望台が3月16日、リニュアルオープンしました。さそく出かけてみると、岬最先端部にスリル満点な「うみそらテラス」が設けられ、熱海市街をはじめ、初島、伊豆大島から真鶴岬、房総半島まで眺望できました。
一段上がった展望エリア「うみそらデッキ」にはチェアとテーブルを設置。雨天時も利用できる屋根付きのブースもあります。どちらもゆったりと展望が楽しめ、初日から首都圏の大学などの卒業旅行客や家族連れで賑わっていました。
山頂売店もおしゃれなカフェに改装。名物のソフトアイスや本格コーヒーを販売しています。恋愛成就スポット「あいじょうモニュメント」は市街を見下ろすゾーンに移設されました。
リニューアルオープンを記念して3月16日(土)から20日(水)までロープウェイ乗車料大人往復600円が300円(こども400円が200円)で利用できます。
3月28日からは熱海最大級の日帰り帰り温泉施設「オーシャンスパFuua(フーア)」がある複合リゾート施設「熱海ベイリゾート後楽園」が新規オープンすします。熱海港のベイエリアが新しくなります。

■アタミロープウェイ 熱海港そばの後楽園駅(山麓駅)と海抜約120メートルの高台にある頂上駅を結ぶ全長273メートルの同ロープウェイ。日本一短く、片道約3分半の空中散歩を楽しめる。山頂テラスでの展望のほか、熱海秘宝館や熱海城、トリックアート迷宮館への足としても利用されている。大人往復600円、子どもは300円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です