渚親水公園の大寒桜が満開 首都圏から熱海サンビーチに行楽客繰り出す

春の日差しが続く熱海市の渚親水公園市営駐車場で、19本の大寒桜(おおかんざくら)が満開を迎え、ご覧のようにピンク一色に染まっています。東京と神奈川、埼玉、千葉などでは新型コロナウイルスの緊急事態宣言が続き、外出自粛要請が出ていますが、感染者数が減少してきたこともあり、多くの人が春景色を求めて熱海入り。天皇陛下誕生の祝日となった2月23日は家族を乗せた首都圏ナンバーの車両が多く見受けられました。
 行楽客たちは、マスク着用や密集に気を付けるなどの感染対策した上で、桜が見下ろせるスカイデッキやレインボーデッキをウオーキングしたり、熱海サンビーチの砂浜を散歩するなどして春を先取り。これからの本格的な桜シーズンに期待を膨らませています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です