来宮神社例大祭 熱海の繁栄と恒久の平和を祈願

0a616284b6d564767ce3098dc571dc67-1-1024x768
来宮神社神社(雨宮盛克宮司)の例大祭は15日、本殿で例大祭奉幣の神事が厳かに執り行われました。秋葉山本宮秋葉神社(浜松市)の河村基夫宮司が神社本庁から来宮神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を務め、雨宮宮司が拝殿に備え、熱海の繁栄と恒久の平和を祈願しました。
神事には神社役員や厄年奉賛会「来宮虎友兎會(こゆうかい)」の会員ら約150人が参列。雨宮盛克宮司の祝詞奏上に続き、勝俣孝明衆院議員、斉藤栄市長、藤曲敬宏県議、杉山利勝市議会議長、櫻井豊彦静岡浅間神社宮司、小澤修二箱根神社宮司、落合偉洲久能山東照宮権宮司らが玉ぐしを捧げた。
その後、神女神楽、浦安の舞、鹿島踊、熱海芸妓衆の舞が奉納され、「来の宮参り」など4演目を披露しました。
2c020230ef15f4583a02d9b8a2aab383-1024x768

3e82518db10b0b7ec0b3d02389c5d736-13-1024x768

f5ddece95b25fcb0d415d4e96dcfdabe-1024x768

P7150962-1024x768

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です