日本一遅い紅葉名所 熱海梅園で11月14日からもみじまつり

11月14日開幕の「熱海梅園・もみじまつり」(〜12月6日)が近づき、熱海梅園のモミジがちらほらと赤くなり、紅葉が始まりました。温暖な気候のため、イロハモミジ、ムサシノ、イチョウなど380本の大半はまだ青い葉ですが、初川に架かる梅園五橋や韓国庭園、足湯付近では色づいたモミジが見られます。
 期間中は毎日ライトアップが行われ、60基の照明を配置するのに加え、正面ゲートから撮影スポットの駐杖橋(ちゅうじょうばし)に続く通路には竹灯籠を設置します。足湯も午前10時〜午後4時まで毎日開放いたします。

日曜には中央広場でジャズコンサート、土日祝日には期間限定のもみじまんじゅうの販売や甘酒無料サービスを実施。熱海梅園は日本一遅い紅葉の名所で知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です