日本一の通学路がベール脱ぐ、さくらの名所散策路

013

熱海市が県立熱海高とJR伊豆多賀駅を結ぶ通学路にするとともに、多賀湾が見渡せる桜の観光名所にしようと工事を進めている「さくらの名所散策路」で、あたみ桜が見頃を迎えました。散策路は2002年に工事に着手しましたが、同校寄り342メートルが完成した時点で用地買収が難航し中断。県の協力を得て14年度に工事を再開しました。全長760メートルのうち、本年度は残り261メートルの工事を行い、3月1日の同校卒業式に仮開通させる。同月中に供用を開始する予定です。

桜並木には、あたみ桜、ヒマラヤ桜など多くの桜が植栽されていますが、これから開通に向け、市が下多賀で花植している桜を植えつける予定です。県知事は「完成すれば、県で一番美しい通学路どころか、日本一美しい通学路ができる」。市当局も「散策路を通年利用して、南熱海の誘客につなげたい」と期待を寄せている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です