圧巻、多賀湾に12帆 熱海高ヨット部OB現役が艦隊練習

52cfe946f19a520aadb8095713a69dbe-1024x683.jpg
熱海市の多賀湾で3月13日、今年度最終戦「熱海フリートレース」が開催されました。
名門復活へ熱海高ヨット部のOB会(小山精一会長)、現役が参加して月1回レース形式の実戦練習を行うもので、シーズン第12戦のこの日はFJ級、420級(2人乗り)、シーホッパー級(1人乗り)合わせて12艇が参戦。レース形式でセーリングの技術を伝授していました。
 県立熱海高校(岩田亨校長)のヨット部は、昭和26年に熱海らしいスポーツとして県内の高校で最初に発足。昭和39年の東京五輪では選手や役員を輩出した。しかし、黄金期は昭和45年ごろまでで、生徒数の減少などから一時は部員が2人まで減り、廃部の危機を迎えた。そこからOBたちが「名門の灯を消したくない」と立て直しを図り、近年はインターハイや国体に毎年選手を送り出している。
2020年五輪の東京開催が決まり、あらためて強化に着手。部員数も県内の高校では最大規模の14人(新3年5人、新2年9人)となり、OBの協力をもとに年間を通じてフリートレースを行い、強化を図っている。4月には新1年生も加わり、さらに大所帯になります。
皆さま、応援を宜しくお願いします。
3e82518db10b0b7ec0b3d02389c5d736-18-1024x675.jpg
38074abd9e1264e31630fa5e5d2df886-1024x683.jpg
859d113d37f9bb4b781da5d97bc10734-1024x683.jpg
8009607e9f55a763579329a258994ad3-1024x683.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です