国際宇宙ステーション、熱海を通過 日本実験棟「きぼう」流れ星のように輝く

5月17日夜、地球から約400キロ・メートル上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)が熱海を通過する様子です。午後8時ちょっと前、日本画の巨匠横山大観ゆかりの宿「熱海大観荘」(熱海市林ガ丘町)の上空を飛行機よりも速めのスピードで、流れ星のように輝いて通過しました。

ISSはサッカー場とほぼ同じ大きさで、船内には各国の実験棟があり、約90分で地球を1周しながら、実験や研究、天体観測をしています。日本実験棟「きぼう」では、無重力空間を使った医薬品の生成実験などが行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です