去りゆく夏、大輪が網代温泉の夜空焦がす 南熱海の夏イベントが幕

 平鶴目の前の網代湾で8月16日午後8時20分から、網代温泉海上花火大会を開催しました。網代湾と多賀湾に向けて3カ所から20分間にわたって2000発が打ち上げました。毎年、午後8時からの多賀湾で行われる「百八体かがり火」と前後合わせてスタートし、移動して両イベントを見物する人も多くいました。
 網代温泉の花火は、連続で花開くゴージャスなスターマインのほか、漁港らしく炸裂時に魚の形に代わるユニークな花火も人気。網代港と南熱海マリンホール奥から相互にななめ上空に打ち上げられる花火もあり、両湾から観光客や市民の歓声や拍手が上がり大好評。
花火に合わせて国道135号の平鶴前~ひもの銀座入り口間および大縄公園公園のグリーンベルトは通行止めにされ、歩行者天国に開放。多くの見物客がこの臨時桟敷席に腰を下ろして観賞。今夏の網代、多賀地区のイベントのフィナーレを告げる大輪や大空中ナイヤガラを見上げながら、終わりかける夏を惜しんでいました。