厳しい暑さ収まり、花火見物に3万2千人 熱海サンビーチ、黒山の人

遅い梅雨明け後、いきなり猛暑に突入した今年の夏。今夏は例年より花火観賞に訪れる人が少なめに推移していましたが、厳しい暑さが収まり、8月23日の熱海海上花火大会には、首都圏などから3万2千人が熱海湾に繰り出しました。
打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれ「ゆかたで遊ぼ!」には、最強地下アイドルユニットで知られる「仮面女子」などがステージを飾り、若い世代の観客が続々…。海上花火大会が始まると、熱海サンビーチはご覧のような黒山の人だかり。涼しい浜風が吹く中、色とりどりの花火を楽しんでいました。
夏季シリーズ最後となる次回の熱海海上花火大会(8月30日)は、年に1度の直径約60センチの2尺玉(20号玉)が打ち上げられ、直径500メートル大輪の花を咲かせます。お楽しみに!

■観衆=3万2千人
■主催・熱海温泉ホテル旅館協同組合
■2019年(令和元年)熱海会場花火大会 今後
夏 8/30(金)
秋 9/16(月・祝)
冬 12/8(日)・12/15(日)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です