初島港の定期船待合施設「シマテラス初島」が完成

 初島第1漁港に建設していた交流広場施設「Shima Terrace(シマテラス)初島」が完成し、4月7日、開所式が開かれました。約30人が出席し、市長、市議会議長、県会議員、初島区長がテープカットを行いました。
 高波などに耐えられるように鉄筋コンクリート造りの交流広場に完成した休憩施設は2階建て。1階部分は定期船の待合所や土産物などの物販コーナー、現金自動預け払い機(ATM)、トイレ、授乳室、管理事務所を配置。2階にも休憩スペースを設け、展望テラスからは富士山や熱海の街並みが望めます。総工費は約3億2600万円。
2年前に完成予定でしたが、東から西へ進んだ2018年7月の台風12号、同8月の台風13号の高波被害で設計等を見直し、完成が遅れました。管理は初島漁協が行います。
新藤区長は「台風12号では、工事中だった交流広場の堤防通路だけでなく、ダイビングセンター、食堂街も大きな被害を受けた。計画の構想から30年、やっとこの日を迎えられて、島民一同喜んでいる。新型コロナウイルスの影響で観光は厳しいが、終息を信じて初島の活性化に活用していく」と述べました。