伊豆山神社の桜が見頃 15日に神輿渡御「837石段下り」

130cea030e1638c9972980f0ddc4dacb-1024x683

伊豆山神社の例大祭が4月14日から3日間、同神社で齋行されるのを前に、境内の桜が見頃を迎えています。開花が遅れていたことで、満開がちょうど例大祭と重なります。今年は桜吹雪が舞う歴史的な神輿渡御が見られそうです。
14日は午後8時から宵宮祭があり、子供たちが町内を練り歩きます。本祭りは15、16日で15日は午前10時から本殿で例大祭神事を行い、神女舞と実朝の舞を奉納します。
午後1時からの神幸祭では、発輿祭に続いて呼び物の神幸行列があり、獅子を先導に4基の神輿(浜=西殿神輿、岸谷=本殿神輿、仲道=東殿神輿、厄年奉賛会=伊豆山卯桜翠辰會うおうすいしんかい)が石段837の急坂を勇壮にくだります。
午後2時に国道下の下宮で神楽を奉奏した後、再び神社に戻るコースです。
16日は午前10時に正殿祭があり、神女舞と実朝の舞を奉納する。境内の桜は満開で今年も花吹雪が舞う中で盛大に開かれるので、お楽しみください。

fa88ea5d004c822d29e6f4eacd44e99e

9694f025e23211ef4dcd3ebd28382a71

041c8e89b678b46731ac2144bc87c2e7-1-1024x683

49ef72b19c9b2addea8db508ca9b00b7-1024x686

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です