今日明日 來宮神社例大祭

wn_img1 (1)

樹齢二千年、国指定天然記念物「大楠」のある來宮神社は、漁業・禁酒・禁煙の神として有名です。
毎年7月14日~16日には來宮神社例大祭:通称「こがし祭り」が盛大に執り行われます。

7月15・16日の神幸祭では、來宮の神々を御鳳輦(ごほうれん)に乗せ、町に降ります。町の繁栄を祈る神事です。
宮司・神官をはじめ、総代・神役など御神幸行列は総勢500名を超え、壮大な時代絵巻の再現となります。
行列の中の天狗「猿田彦」は天尊降臨の際案内した神様で、御鳳輦に鎮座する來宮大神の案内をする役割です。
御祭神と御縁の深い「麦こがし」を撒きながら道中を御案内し、この「麦こがし」に触れると無病息災・身体健康になると伝えられています。

例大祭での一番の見どころは16日の昼にサンビーチで行う「御鳳輦浜降り」です。四十二歳(厄年)をむかえた男性が声高らかに「みょうねん」と発し、神々に感謝の気持ちを表しながら御鳳輦を力強く担ぎ上げ浜から海中に入る神事で、古来より代々継承されています。

15・16日の夜には例大祭の一環として「熱海こがし祭り第49回山車コンクール」を開催します。

A4559AD69D18BBC8343B603FD7D226E2

image (1)

kinomiya1 kogasi05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です