今年一番大きな「スーパームーン」、恋人の聖地にて

3e82518db10b0b7ec0b3d02389c5d73610-1024x683.jpg
地球に近づくため大きくて明るい満月「スーパームーン」が28日夜、熱海でも観測することができました。27日の「中秋の名月」(旧暦の8月15日)は雲がかかり、不完全燃焼に終わったが、この夜はくっきり。「熱海ムーンテラスで愛を告白すると、その思いが成就する」という都市伝説がある渚親水公園には、若いカップルが願いを込めて次々に訪れ、「お月見」を楽しんでいました。
国立天文台によると、月は地球の周りを楕円(だえん)状の軌道で回っており、今年もっとも地球に近づいた今回は、今年もっとも小さく見えた満月(3月6日)に比べ、直径は1・14倍となり、明るさも3割増しているとのことです。
IMG_9856ss-1024x683.jpg
2b6f4d2103081a0f06cc025fe21bfe85-1024x683.jpg
0a616284b6d564767ce3098dc571dc671-1024x654.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です