今夏4回目の熱海海上花火大会に1万2千人 

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国で花火大会や海開きの中止が相次ぐ中、熱海湾で8月23日夜、この夏4回目の熱海海上花火大会が開かれ、1万2千人の見物客が浴衣姿などで去りゆく夏の夜空を見上げました。
熱海市では、市内経済を徐々に再始動させ、回復軌道に乗せるため、全国でも異例の8月中に5度花火大会を開催。市観光協会、ホテル旅館協同組合、商工会議所、熱海市によるオール熱海の体制で、三密に配慮した運営など適切な感染防止策を綿密に講じて花火大会を実施しています。新型コロナの感染抑止と経済活動の両立のモデルケースとして注目されています。

夏季シリーズの最後となる次回の熱海海上花火大会(8月27日)も午後8時半から15分間に5千発を集中して打ち上げ、21日に続いて直径約60センチの2尺玉(20号玉)が、直径500メートル大輪の花を咲かせる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です