今シーズン最後、網代温泉ひもの祭り開幕 長浜海浜公園に長蛇の列


網代名産の干物を観光客にPRする今シーズン最後の「網代温泉ひもの祭り」が2月16日、熱海市の長浜海浜公園で始まりました。毎年、11月から2月に月1回(土日)に開く冬季誘客イベント。川口健網代温泉観光協会会長ら協会役員がそろいの赤い法被姿で脂の乗ったアジの干物を炭火で手際よく焼き、3000匹を観光客や市民に振る舞いました。
 会場では、干物やアジすし、フライ、イカメンチなどの地元グルメや多賀湾の冬の珍味「はばのり」、ミカンなども販売しています。
地元の美原屋酒店(下多賀)のオリジナル日本酒「あじろ」、芋および麦のオリジナル焼酎「あじろ温泉 美原屋」なども販売され、南熱海のお土産として人気を呼んでいます。焼酎はボトルだけでも希少品。17日も午前10時から午後3時まで開催します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です