世界の名バラ600種、4千株が見ごろに アカオハーブ&ローズガーデン

「アカオハーブ&ローズガーデン」で約600種類の色鮮やかなバラが見ごろを迎えました。同園を運営するホテルニューアカオによると、ことしは天候に恵まれ、梅や桜同様に例年より10日ほど早くベストシーズンを迎えているという事です。
 東京ドーム13個分の敷地に12のローズガーデンが設けられ、世界各国から集めらた4000株のバラの名花が美を競う。新型コロナウイルス対策として東京や神奈川県などに発令されていた緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が5月末まで延長。首都圏からの観光客は少な目ですが、愛好家たちが花を眺めたり、甘い香りを楽しみながら絵画のような庭を散策しています。春バラの見ごろは6月上旬まで続き、その後、遅咲き種に入れ替わり、7月上旬まで楽しめます。

世界的建築家の隈研吾(くま・けんご)氏がデザインしたカフェ「COEDA HOUSE(コエダハウス)」の海側には、山の斜面を活かしてつくられた展望デッキがあり、海を一望できます。コロナ禍の気分転換に最高のロケーションとなっています。
熱海ローズフェスティバルを6月30日まで開催しているので空いている時期にお越しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です