ゴールデンウイーク期間の熱海駅の降車数19万1千人、静岡DC効果で37%増



 JR東日本が発表したゴールデンウイーク期間(4月26日~5月6日の11日間)の行楽地最寄り駅の降車人員によると、伊豆の玄関口である熱海駅(19万1千人、24%増)は世界の玄関口・成田空港駅(14万人、17%増)、富士山の玄関口・大月駅(3・6万人、11%増)を上回りました。
近距離切符の発売数でも熱海駅は13・2万枚で、37%増でした。大型観光企画「静岡ディスティネーションキャンペーン(DC)」が牽引し、令和の10連休効果もありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です