あたみ海辺の薪能

image

MOA美術館では毎年8月に「薪能」を開催していますが、今年は美術館リニューアル工事に伴いムア広場での「薪能」が開催できないため、「あたみ海辺の薪能」として、熱海の海岸で開催します。

熱海では、この地域特有の自然現象でもある「月の道」が満月の夜の海上に出現します。

その幻想的な月の光と、かがり火の中で舞う薪能は全国でも唯一。

熱海の大自然の美しさの中で、日本の伝統文化を心ゆくまでお楽しみください。

Daylight Stage 13:00~15:00 地元出演者による無料ステージ(予定)

Twilight Stage 16:30~ オープニングセレモニー(舞台お祓いの儀・常磐津「熱海名所」ほか熱海芸妓置屋連合組合)

Moonlight Stage 火入れの儀
10月14日(金)
熱海の森羅万象に捧ぐ能舞「海」(新作初演) 辰巳満次郎
常盤津「夕月船頭」 花柳あらた・常磐津文字兵衛ほか
能 「高砂」 宝生流 辰巳満次郎
10月15日(土)
長唄一調一管「月と海と」(新作初演) 笛 福原寛 小鼓 樫田喜代
熱海の森羅万象に捧ぐ能舞「月」(新作初演) 辰巳満次郎
素浄瑠璃「乗合船恵方万歳」より 常磐津文字兵衛ほか
能 「融」 宝生流 辰巳満次郎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です