【熱海梅園  梅の開花状況】

poster-26ume-sakura_20140105082924d53.jpg
1/11(土)~3/9(日)の間、「第70回熱海梅園梅まつり」を開催します。
明治19年に開園した「日本一早咲きの梅」で知られる熱海梅園は、毎年11月下旬~12月上旬に第一号の梅の花が開きます。
今季は、11/8に初開花を確認!過去数年と比較しても、最も早いです(^^)
樹齢100年を越える梅の古木を含め、58品種:473本(前年より9本増)の梅が咲き誇り、 早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花していくので、お祭り期間中充分に梅をお楽しみ頂けます。
(1/2現在)
全473本中、63本が開花。冬至梅、八重野梅、紅冬至、八重寒紅などが咲き始めています。
また、梅の種類ではありませんが、 漸佳橋たもとの黄色いロウバイ(蝋梅)や、中央広場の川側園地のスイセン、園内陽だまりのクサボケ、足湯奥のあたみ桜も開花していますので、 あわせてお楽しみ下さい。
梅まつり期間中は芸妓連演芸会や野点茶会、甘酒無料サービスなどのイベントを実施し、 皆様のご来園をお待ちしています。
【第70回熱海梅園梅まつり】 →詳細ページ
日程/平成26年1/11(土)~3/9(日)
会場/熱海梅園
入園料
 ・一般300円
 ・団体割引(11名以上)200円
 ・市民100円・・・市民は住所がわかるもの、または熱海市民施設利用証を提示して下さい。
 ・熱海市内宿泊者100円・・・宿泊前の方は宿泊施設でキャッシュバックします。宿泊後の方は宿泊施設でもらった証明書を提示して下さい。
※中学生以下は無料。上記開園時間外は無料開放しています。
交通/熱海駅より伊東線利用「来宮駅」下車→徒歩約10分
※園内行事は主催者・天候等の都合により変更・中止になる場合があります。
※梅園周辺は大変混雑しますので、公共交通機関をご利用下さい。
問合せ/熱海市観光協会0557-85-2222

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です