【熱海にとって特別な日、1月17日。】

0117ozaki3_20130117075829.jpg
明治30年に読売新聞で発表され、明治の時代に多くの読者を魅了した尾崎紅葉の名作「金色夜叉」(こんじきやしゃ)。
許婚の関係にあった間貫一(はざまかんいち)と鴫沢宮(しぎさわみや)。しかし、両親の勧めに従って実業家に嫁ごうとする宮と、これを裏切りと感じた貫一は、1月17日の月の夜、熱海の海岸で泣く泣く別れることになりました。(それがいわゆる「熱海海岸の場」であり、二人の傍らにあった松が「お宮の松」として有名になり、全国から多くの観光客が「お宮の松」を見に来るようになりました。)
その後、貫一は金持ちに嫁いだ宮を見返すかのように金儲けに明け暮れ、宮は貫一を裏切ったとの想いから心を病んだのです。
現在のドラマのように、二人の行く末を案じて世間は熱狂し、切ない別れの舞台となった熱海海岸は憧れの観光地となりました。そして現在まで何度となく映画化、映像化されました。
このように日本中の人々が、熱海の名を知るきっかけとなった「金色夜叉」の作者である尾崎紅葉の偉業をたたえ遺徳を偲び、毎年1月17日に「尾崎紅葉祭・紅葉筆塚祭」を開催しています。
平成25年も1月17日(木)11時より、紅葉愛用の筆がまつられている志ほみや旅館前の筆塚にて「紅葉筆塚祭」を開催。神事を執り行います。
場所を移し、13時からは熱海芸妓見番にて「尾崎紅葉祭」を開催します。(以前、「お宮の松」で開催していましたが、平成24年より会場が変更となっております)
会場では、熱海芸妓連による「金色夜叉」貫一お宮の熱海海岸での泣き別れシーン・貫一がお宮を足蹴にする名場面の寸劇を披露します。
※「尾崎紅葉祭」(芸妓見番)は入場無料ですが、定員250名のため、先着順とし、入場できない場合がございますので、ご了承下さい。
【紅葉筆塚祭】 ※神事のみ
日時/1/17(木)11:00~
場所/志ほみや旅館前(春日町1-2:熱海駅近く)
主催/筆塚保存会
0117ozaki2_20130117075826.jpg
【尾崎紅葉祭】 ※入場無料:先着250名
日時/1/17(木)13:00~14:00(開場12:30~)
場所/熱海芸妓見番(中央町17-13:初川沿い)
主催/熱海市  協力/熱海芸妓置屋連合組合
問合せ/熱海市文化交流課0557-86-6233
また、同日は尾崎紅葉祭にちなみ駅前「仲見世振興会」による鍋の振舞いもあります
【仲見世振興会主催イベント】
温かい鍋(貫一・お宮なべ)の振舞い
日時/1/17(木)11:30~
場所/熱海駅前 仲見世商店街
「新金色夜叉」の歌詞をここでご紹介します。この詞だけで貫一お宮のストーリーが切々とわかります
ヴァイオリン演歌 【新金色夜叉】 作詞:宮島郁芳・作曲:後藤紫雲  (※日本流行歌史による)
  1・熱海の海岸を散歩する 貫一お宮の二人連れ 共に歩むも今日限り 共に語るも今日限り
  2・僕が学校おわるまで 何故(なぜ)に宮さん待たなんだ 夫に不足が出来たのか さもなきゃお金が欲しいのか
  3・夫に不足はないけれど あなたを洋行さすがため 父母の教えに従って 富山一家に嫁(かしず)かん
  4・何故(いか)に宮さん貫一は これでも一個の男子なり 理想の妻を金に替え 洋行するよな僕じゃない
  5・宮さん必ず来年の 今月今夜の此の月は 僕の涙で曇らして 見せるよ男子の意気地から
  6・ダイヤモンドに目がくれて 乗ってはならぬ玉の輿 人は身持ちが第一よ お金はこの世のまわり物
  7・恋に破れし貫一は すがるお宮を突き放し 無念の涙はらはらと 残る渚に月淋し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です