【熱海ならではの行事「撥扇塚供養祭」】

hananomai4_20150403073728e05.jpg
日本一の数を誇る熱海芸妓。
毎週土日に開演している「湯めまちをどり華の舞」をはじめ、 4/28・29には年に一度の本格的舞台「熱海をどり」を開催。
その他、お客様のお座敷はもちろんのこと、様々なイベントやキャンペーンに参加し、 熱海の歴史・文化の象徴として、その華麗な舞を披露しています。
【第二十六回熱海をどり】
日程/4/28(火)・4/29(水・祝)
 第一部 開場・・・午前11時 開演・・・午前11時30分
 第二部 開場・・・午後2時 開演・・・午後2時30分
入場料/4,000円(4/15まで前売券3,500円)
【湯めまちをどり華の舞】
日時/毎週土日 11:00~1回 平成27年4月~平成28年3月の公演日(PDF)
料金/お一人様1,300円(芸妓踊り・顔見せ・お菓子お茶付)
会場/熱海芸妓見番歌舞練場(熱海市中央町17-13)
券販売・問合せ・予約/同上0557-81-3575
交通/熱海駅より紅葉ヶ丘方面行きバス利用約10分→清水町下車
※予約の方が優先となりますので、見学希望の方は事前に上記へお問合せ・予約をお願いします。
4/20(月)には、この熱海花柳界の始祖である故・坂東三代吉師匠の菩提寺(大乗寺)にて、 「撥扇塚(はっせんづか)供養祭」を開催します。
法要(住職による法要・回向、代表芸妓による祭文、来賓祝辞、芸妓組合代表による謝辞)の後、 「撥扇塚」の前にて、日頃芸事に欠かすことのできない太鼓や三味線の皮・撥(ばち)・糸・扇子などを供養する「お焚きあげ」の儀式を執り行い、 組合員一同の芸道と繁栄を祈念します。
【撥扇塚供養祭】
日時/4/20(月)11:00~
会場/大乗寺(だいじょうじ)(熱海市上宿町)
0418hassen1_2015040307373066f.jpg
0418hassen3_20150403073732031.jpg
0428wodori03_20150403073732ac1.jpg