【森村誠一が描く「アタミステリー紀行」答え合わせ】

【森村誠一が描く「アタミステリー紀行」答え合わせ】
poster-24mystery.jpg
12/17まで応募受付していた、ミステリー作家:森村誠一氏が描く、熱海を舞台にしたオリジナル小説「アタミステリー紀行」の解答が発表されました!
このイベントは、毎年秋に開催する「熱海ファンタスティックホリデー」の1つで、森村先生が特別に熱海を舞台にした短編ミステリーを書いて下さいます。
今回のタイトルは「ホタルの精」。
「ほたる観賞の夕べ」が物語の舞台です。
「ほたる観賞の夕べ」で初めて会った男女が、ホタルの精によって、運命的な再会をするという内容でした。梅園以外には、山車コンクールやサンビーチ・ムーンテラスなどのイベント・観光名所が登場しました
問題は、5問出題されており、本編のミスを指摘するものでした。 解答は下記の通り。挑戦された方、答えは合っていましたか?
5問中、2問以上答えられた方を対象に抽選を行い、抽選で下記賞品が贈られます。お楽しみに!
【アタミステリー紀行2012の賞品】
 ・森村誠一賞「熱海温泉旅館ペア宿泊券」(1組)
 ・熱海市長賞「熱海のおいしい干物詰め合わせ」(5名)
 ・名探偵賞「森村誠一新刊本と熱海の薬湯」(20名)
 ・秋の熱海賞「熱海梅園のもみじオリジナル温泉まんじゅう」(50名)
問合せ/熱海市観光課0557-86-6192~6196
zenkei1_20121223074620.jpg
~ アタミステリー紀行2012 解答 ~
アタミステリー紀行『ただ一人の異性』   森村 誠一
【解答1】
 男女が手形に当てる手が逆になっています。すなわち女性は右手、男性は左手を手形に交差して置きます。
【解答2】
 患者は津波にもぎはなされたのではなく、自ら彼女の肩から手を離したのです。
【解答3】
 二人が梅園で見物したホタルは、ヘイケボタルではなく、ゲンジボタルです。
【解答4】
 女性が着していたのはホテルの浴衣であり、熱海の住人とは推測できません。
【解答5】
 審査は前日に行われ、最終日に表彰されます。 
mystery-book_20121223074812.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です