【梅園】「早咲き梅」が開花 日本一遅い紅葉との共演始まる

img_3791ss-1024x684

「もみじまつり」開催中の熱海梅園で11月18日、早咲きの梅の花が咲きました。
昨年より2日遅く、最近10年で5番目に早い開花です。敷地には464本の梅の木があり、早咲き品種は例年、11月中旬から12月に咲き始めます。18日は熱海市の担当者が、梅園五橋の一つ、正面入り口から最初の漸佳(ざんか)橋付近で八重寒紅(やえかんこう)の赤い花を1輪確認しました。「日本一早い梅」と「日本一遅い紅葉」の競演が始まり、晩秋と新春を両方楽しめます。
◆1番咲き 昨年は11月16日に中山晋平記念館付近で白梅の冬至梅(とうじばい)。一昨年は11月14日に正面管理塔付近で紅梅の八重寒紅。

img_3665ss-1024x683

5a93a27052114eae789a3dd4296b65f2-1024x682

8a2613179846640102496776dfc59b67-1024x683

d13fd664b4a75fc9838b34df7915c7ee-1-1024x683