【東洋のモナコに名車集結!】

0928historica1_20140930081836104.jpg
9/27(土)・28(日)、熱海ヒストリカG.P.実行委員会主催、世界の名車フェスティバル「熱海HISTORICA G.P.」を開催しました。
初日は多賀地区の長浜海浜公園を会場に、約300台が参加。
オープニングセレモニーで是枝委員長は「いつの日か熱海で、東洋のモナコと言われる熱海で、岸壁に車を並べて、 海があり、山があり、街並みがある、そんな絵を撮りたかった」と挨拶しました。
初日の展示車両は、「Aから始まる熱海 ~Aから始まるアルファロメオ&アストンマーチン」と題し新旧歴代の人気車種を紹介するコーナー、 マイクロ&バブルカー、スズキフロンテクーペ等の国産360ccなど、小さい個性的な車両コーナーなどを開設しました。
最も古いものは、1910年製のロールスロイスシルバーゴースト、国産車では1960年製のダットサンフェアレディ1200、 そして大型観光バス・日野RC701P、フェラーリ・ランボルギーニ等のスーパーカーも展示され、 多くのお客様にご来場いただきました!
2日目は熱海港付近の「マリンスパあたみ」前広場・熱海港臨港道路にて約110台の展示を行い、 開けられた運転席やエンジンルームを熱心に見学したり、 車のバックに海と熱海の街並みを入れて記念撮影する方もいらっしゃいました。
0927historica1.jpg
0927historica3.jpg
0927historica4.jpg
0927historica6.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です