【掃海艇はつしま・熱海入港記念特別一般公開】

0522hatusima2.jpg
5/22(金)、海上自衛隊横須賀地方隊所属・最新掃海艇「はつしま」が熱海港に初入港し、 同日と5/23(土)に一般公開が行われました。
掃海艇は海中や海底の機雷などの危険物を排除する船で、 「はつしま」は、熱海市の「初島」が名前の由来となっているそうです。
全長60メートル、最大幅10.1メートル、深さ4.5メートル、 排水量570トン、最大速力14ノット。 船体部がFRPで制作された掃海艇としては世界最大級だということです。
鈴木艇長らは熱海市役所を訪問し、はつしまの命名・進水式の儀式に用いた斧を、 絆の証として熱海市に贈呈しました。
一般公開では、受付前にすでに50人ほどが列をつくり、大人から子供まで大勢乗船し、 隊員から各設備・装備の説明を受けながら、 普段は乗船できない船内を興味深く見学していました。
0522hatusima3.jpg
0522hatusima4.jpg
0522hatusima5.jpg
0522hatusima7.jpg