【幻想的な蛍の乱舞。梅園でご観賞下さい。】

poster-23hotaru_20110607072941.jpg
6/1(水)~6/12(日)の間、恒例の「ほたる観賞の夕べ」を開催しています。
この時期、ゲンジボタル約五千匹が成虫となり、淡い光を放ちます。 静かな熱海梅園内の初川清流に蛍が乱舞する様はまるで幻想の世界にいるよう・・・
蛍は、うわぁ~と飛び回る日もあれば、雨の日などは川端の葉にとまって光っていたり、様々です。
ただ、下記にも注意事項を記載していますが、とても繊細な生き物なので、フラッシュ撮影をしたり、懐中電灯などで光を向けてしまうと、驚いて光らなくなったり、隠れてしまったりします。蛍のためにも静かにルールを守ってご観賞ください(^^)/
【ほたる観賞の夕べ】
日時/6/1(水)~6/12(日)19:00~21:00 ※見頃は20:00~21:00
※21:00以降は園路消灯のため安全上入園をご遠慮下さい。
場所/熱海梅園内・初川清流 ※入園無料
交通/熱海駅より「相の原団地行き」バスにて約15分→「梅園」下車
 ※臨時駐車場あり。(1台300円)
問合せ/熱海市観光協会0557-85-2222
hotaru2-2_20110607072940.jpg
ほたる観賞の約束事
一、ほたるを採らない
ほたるの成虫は七日間ほどの命。しかも絶滅の危機に瀕している希少な生き物なので、ほたるを捕まえるのは厳禁です。大切に見守りましょう。
二、環境を荒さない
飲食物などのゴミが発生したら責任をもって持ち帰りましょう。捨てたゴミ一つで川などが汚染され、ほたるが絶滅するきっかけになるかもしれません。川に入るのもマナー違反です。
三、強い光を出さない
懐中電灯のような光もできるだけ点けないようにして観賞しましょう。
四、静かに観賞しよう
ほたるはとても繊細な生き物です。音にも反応してしまうので静かに観賞しましょう。