【大寒桜・大島桜など開花し始めました!】

0225sakura04.jpg
「坂町の寺桜」をはじめとする大寒桜が、市内各所で開花しはじめました!
坂町の寺桜とは・・・
ホテル貫一前にある桜。明治14年(1881)、 現在地(咲見町)に移るまでここに医王寺がありました。 明治の初め頃に、寺の境内に植えられたうちの1本と言われています。
この桜は「大寒桜」(オオカンザクラ)という品種で、樹齢およそ140年、例年2月中旬から染井吉野桜が始まる頃まで咲き続けます。
この桜は昭和19年(1944)の「本町大火」、昭和25年(1950)の「熱海大火」を生き抜けました。 (坂町とは、当時のこのあたりの地名です。)
この「坂町の寺桜」と同じくらい大きな木が、和田川下流(国道135号寄り)に2本、 また、本数がまとまっているのは親水公園第一駐車場で、駐車場を囲むようにあります。
あたみ桜は、糸川遊歩道などはすでに見頃を過ぎてほぼ終わり・・・ですが、 「サンレモ公園」では、ピークは過ぎたものの、写真のようにまだ見頃です。
そして、今満開を迎えているのが、海浜公園の「寒緋桜」(カンヒザクラ)と「大島桜」です。 真っ赤な寒緋桜・真っ白な大島桜・ピンク色のあたみ桜とコントラストがキレイです
「あたみ桜」は終わりに近づいてますが、他の桜の開花が進んでいますので、 熱海梅園の梅とあわせてお楽しみください(^^)/
【坂町の寺桜(大寒桜)】 場所/咲見町(ホテル貫一前)
【親水公園第一駐車場(大寒桜)】 場所/渚町(国道135号下り沿い)
【和田川下流(大寒桜)】 場所/昭和町(R135沿いデニーズ前)
【海浜公園(大島桜・寒緋桜)】 場所/和田浜南町(マリンスパあたみ前)
【渚小公園(大島桜)】 場所/渚町(旅館立花前)
0225sakura08.jpg
0225sakura06.jpg
0225sakura10.jpg
0225sakura07.jpg