「青紫」ジャカランダ、熱海に初夏告げる 今年最高28•3度で一気に開花

熱海に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれたお宮緑地(ジャカランダ遊歩道)で続々と開花しています。5月18日、熱海では午前10時38分に今年最高の気温28•3度を観測。7月中旬のの陽気となり、一気に咲き進みました。開花速度は例年より10日ほど早いです。
昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「ATAMIジャカランダフェスティバル」(熱海市観光協会主催)開催を取りやめましたが、今年は2年ぶりに開催します。開幕する6月5日(〜6月20日)には、熱海サンビーチから国道135号線沿いの親水公園、小公園まで爽やかな青紫に染めお客様を迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です