「青紫」の花、熱海に初夏告げる 世界三大花木「ジャカランダ」開花 

熱海市東海岸町のジャカランダ遊歩道の国道135線沿いで5月17日、世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が青紫の花を咲かせました。まだ1本ですが、例年、5月末にかけてお約束のように咲き始め、「ATAMIジャカランダフェスティバル」(熱海市観光協会主催)が始まる6月初旬から一斉に見頃に入る。
今年の同フェスティバルは6月6日から21日に予定していましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために中止。しかし、遊歩道は海風が注ぐ公園のため、マスクをつけ「密閉・密着・密接」に気をつければ、観賞できます。
 ピーク時には約140本の釣り鐘状の花びらが、熱海サンビーチから国道135号線沿いの親水公園、小公園まで青紫に染め、熱海に初夏の訪れを告げることとなります。
ジャカランダ 遊歩道では、一足先にオーストラリア原産のキンポウジュが見頃を迎えている。形がブラシに似ていることから英名は「Bottle Brush」。政府が新型コロナウイルス感染対策で発令していた「緊急事態宣言」が静岡県など39県を解除し、初めて迎えた日曜日。散歩に訪れる市民の姿も少しずつ増えてきました。

■ジャカランダ 世界三大花木(カエンボク、ホウオウボク、ジャカランダ)の1つ。6月に青色、薄紫色の花を咲かせる南米原産ノウゼンカズラ科の常緑樹。熱海市は1990年7月、ポルトガル・カスカイス市との姉妹都市提携を記念して、同市から苗を譲り受け、初めて植栽。
■ジャカランダ遊歩道 国道135号線とサンビーチに挟まれた延長430m、幅12~20mの細長い緑地。2014年6月、それまであった椰子(やし)の木などを移植・撤去し、約110本のジャカランダを植裁し、国内最大のジャカランダ遊歩道に整備。大きく育った木も32本植えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です