「アタミ・アロハフェスティバル2018」


「アタミ・アロハフェスティバル2018」が7月21、22の両日、熱海市の渚親水公園イベント広場でが開幕されました。熱海市をはじめ、東京、神奈川、静岡、埼玉、千葉から45ハラウ(フラスクール)、469人が交代で舞台に上がり、青い海とヨットハーバーをバックにフラダンスを披露しました。
今回はスぺシャリゲストでNHK「みんなの歌」などで幅広く活躍する歌手MADOKA(マドカ)さんがタヒチアンダンスチーム「MOEHERE(モエヘレ)」とユニットを組んで登場。スピード感あふれる腰の動きが観客の目を引き付けていました。
会場ではアロハシャツ、ジュエリー、バッグなどハワイアングッズや飲食ブースが並び、猛暑にもかかわらず、多くの観光客や市民でにぎわいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です