「にっぽん丸」熱海港入港と 熱海花火

商船三井の豪華客船「豪華客船「にっぽん丸」(全長166・65メートル、2万2472トン)が12月15日朝、熱海港に入港しました。12度目となる今回は5泊6日の「熱海花火と小笠原クルーズ」。14日午後7時に東京港を出港し、最初の寄港地の熱海港に15日午前8時半に入港。熱海笛怜会の演奏で出迎えました。
 420人のクルーズ客は、離岸する午後3時までタクシーで熱海梅園や起雲閣、MOA美術館などを観光したほか、オプショナルツアーで箱根芦ノ湖成川美術館、韮山反射炉へ向かいました。
 夜は、熱海サンビーチ沖で停泊し、熱海海上花火大会を観賞した。一行は八丈島(東京)、世界遺産の小笠原諸島(同)をクルーズ観光し、19日朝に東京港に帰港します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です